~紅々葉流~「和紅茶」のおいしい入れ方

こんにちは!
京都 和紅茶専門店 紅々葉の酒井 佑眞(兄)です!
今回は、たまにご質問いただく和紅茶のおいしい入れ方をお伝えしようと思います。


基本的には、海外のお紅茶と淹れ方は変わりありませんが、1点だけ紅々葉なれあではのこだわりがあります!



まず、一般的な紅茶の淹れ方として言われているのが下記になります。


紅茶の入れ方の基本

日本紅茶協会HPより

汲みたての水を使いましょう

紅茶には軟水がベターです。幸い日本は軟水に恵まれていますから、汲みたてで空気を多く含んでいれば紅茶向きです。お湯は沸騰直後(100℃)のものがよく、ぬるかったり沸騰しすぎたお湯では紅茶の香気成分がよく出ません。

ポット

鉄分の含まれたポットは避けましょう

陶磁器か銀製のティーポット、あるいはガラス製のティーサーバーを使いましょう。もちろん、緑茶用の急須でもかまいません。鉄分を含むポットの使用は、紅茶のタンニンが鉄分と化合して香味を損なうばかりでなく、紅茶の色を黒っぽくしてしまいます。

カップ

内側は白が望ましい

紅茶の生命は色と香り。その色を楽しむために内側は白く、香りが広がりやすい浅いかたちのものを選びましょう。


~紅々葉 流~和紅茶の入れ方の基本

汲みたての水を使いましょう

紅茶には軟水がベターです。幸い日本は軟水に恵まれていますから、汲みたてで空気を多く含んでいれば紅茶向きです。お湯は沸騰直後(100℃)ではなく、90℃くらいのものがおすすめです。日本茶の茶葉なので、沸騰直後より90℃の温度が一番香りが引き立ちます!

ポット

鉄分の含まれたポットは避けましょう

陶磁器か銀製のティーポット、あるいはガラス製のティーサーバーを使いましょう。もちろん、緑茶用の急須でもかまいません。鉄分を含むポットの使用は、紅茶のタンニンが鉄分と化合して香味を損なうばかりでなく、紅茶の色を黒っぽくしてしまいます。

カップ

内側は白が望ましい

紅茶の生命は色と香り。その色を楽しむために内側は白く、香りが広がりやすい浅いかたちのものを選びましょう。




このように大きな違いは1点のみです!
お湯の温度にさえ、気をつけていただければ紅々葉の和紅茶を
よりおいしく楽しんでいただけるかと思います!