紅々葉の和紅茶【宇治田原編】

いつも紅々葉をご愛顧いただきまして、ありがとうございます。



今回は、紅々葉の中でも人気商品の一角である「宇治田原」の和紅茶についてご紹介します。

今回、【宇治田原編】としてさせていただいているので、その他の和紅茶についても今後ご紹介していこうと考えています!


まずもって、皆様!

紅々葉の和紅茶の商品名がすべて地名になっていることをご存知いただけていますでしょうか?

もしかすると、京都在住の方でも気づかなった方もいらっしゃるかもしれません。
宇治田原に関しては、宇治が付いているのでイメージしやすいかもしれませんが、宇治田原も京都南部の小さな町です。


実は宇治田原町は、「日本緑茶発祥の地 」として有名な緑茶の聖地です。
私も何度も宇治田原の茶農家さんの茶農園に伺わせていただいていますが、
本当に緑豊かできれいな景色が宇治田原にはあります。

紅々葉の宇治田原が生産している茶農園



お茶好きの方はすでにご存知かもしれませんが、
日本緑茶製法の基礎を築いたとされる永谷宗円の生家があったりと
お茶の歴史が感じられるスポットがたくさんあります。

そんな日本緑茶発祥の地から紅々葉は、和紅茶を提供しています!

紅々葉の宇治田原は、その茶園の第21代目の茶農家さんに生産いただいております。

第21代目ですよ。想像できないですよね。
仮に一人が30年間専任したとしても、630年も続いています。
そんな歴史が長い、茶農園さんが数年間探求し続けて完成させてた和紅茶が紅々葉の「宇治田原」です。


すっきりとした味わいになっています!
是非!まずは、お試しただきまして、気に入っていただければ嬉しいです!

今回は、紅々葉の和紅茶「宇治田原編」を書いてみました。
次は、どのお茶を紹介しましょうか!

酒井 佑眞(兄)